2019年5月24日(金) 17:15 JST

第4回定例会が閉会~全議案が賛成多数で可決

  • 印刷用画面
  • 2018年12月22日(土) 00:16 JST

12月20日、平成30年第4回定例会(12月議会)が閉会となり、追加送付された職員給与改定関連議案も含めた全議案が賛成多数で可決されました。

また、庁舎・福祉会館建設ですが、今定例会での特別委員会、市長報告での質疑を経て、紆余曲折はありつつも、これから小金井市は複合化整備方針5項目を設計条件に基本設計者の選定に入っていくことになります。

 

約8億4300万円の一般会計補正予算(第5回)には、保育計画策定のための予算が計上されており、村山ひできは「市立保育園2園を2022年度に民営化するという市の方針は理解するものの、保育計画検討委員会の議論を『民営化ありき』ではなく、民間、市立を問わずに小金井市における保育のあり方等を幅広くを検討されるべきであり、その結果を踏まえて小金井らしい保育の充実に向けた方策を定めるよう努めるべきだ」と要望しました。

 

他にも、第3回定例会から継続審査となっていた難病者福祉手当条例の改正案も可決、また、村山ひできが一般質問で取り上げていた中町はけの道にある緑地、通称「キンヒバリの里」の残地の取得を求める陳情書も全会一致で採択となるなどの進展がありました。

 

≪平成30年度 一般会計補正予算(第5回)の本会議での採決結果≫ 

●賛成=17

●みらいのこがねい=村山ひでき・鈴木成夫・岸田正義

●改革連合=篠原ひろし

●こがあす=沖浦あつし

市民カエル会=片山薫

緑つながる=坂井えつ子

●市民会議=斎藤康夫

●生活者ネット=田頭祐子

●公明党=宮下誠・紀由紀子・小林正樹・渡辺ふき子

●自民党信頼=遠藤百合子・湯沢綾子・吹春やすたか・河野律子

 

●反対=6

●共産党=水上洋志・板倉真也・森戸洋子・たゆ久貴

●情報公開=渡辺大三

●こがおも=白井亨

 

※全議員24名のうち議長は裁決に加わりません。

 

市政レポート2018年12月6日号が完成しました

  • 印刷用画面
  • 2018年12月13日(木) 10:06 JST

村山ひでき市政レポート(2018年12月6日号)が完成しました。

第4回定例会の注目議案や村山ひできの行った一般質問などの内容をまとめたレポートとなっています。

こちらからご高覧ください。

水道法改正による影響について…一般質問

  • 印刷用画面
  • 2018年12月 7日(金) 11:50 JST

12月4日、日曜議会で使った15分を引いた残時間45分の一般質問を行いました。

今回のテーマは参議院で継続審議となっていた水道事業を「民営化」しやすくする水道法改正案が小金井市に与える影響について

水道法改正案は、翌日の5日に参院本会議で与党などの賛成多数により可決されてしまいましたので、今週中には衆議院での採決を経て成立する見通しです。

詳しくはユーチューブでご覧いただけます。村山は1時間17分後からの登場ですのでご高覧ください。

既に小金井市議会は水道事業の民営化反対の意見書を送付済みであり、私も意見書の趣旨に賛同して署名していました。

水道事業の民営化は海外で失敗例が多く、むしろ「再公営化」が世界の潮流です。水は誰もが生きていくうえで欠かせない資源であり、市場原理に委ねてはいけないものだというのが、村山の考えです。

小金井市の水道事業は、平成24年4月1日からすべての業務が東京都水道局に移管されているので、上水道分野については答弁できる範囲は限られていることは承知していましたが、「小金井市の地下水及び湧水を保全する条例」などの独自に水を大切にする考え方が小金井市にはあります。

法改正があろうとも公営化で行くという考え方を明確にすべきだと主張しました。