2019年1月24日(木) 18:57 JST

新たな施設配置案等を検証する補正予算を可決…第3回定例会が閉会

  • 印刷用画面
  • 2018年10月 5日(金) 18:47 JST

10月5日、平成29年度一般会計決算などの採決が行われ、長かった第3回定例会が閉会となりました。決算議案5件のうち、平成29年度一般会計決算については、賛成5(村山ひでき、鈴木成夫、岸田正義、篠原ひろし、沖浦あつし)、反対18で不認定となったものの、残る4件は賛成多数により認定となりました。

本日のハイライトは、会期終盤になって提出された補正予算議案。

その内容は、議会多数が求めた新たな施設配置案等を検証するための予算措置をするというもの。

実は、この間、6月議会で基本設計などの補正予算が付帯決議7項目の条件付きながらも賛成多数(賛成18、反対5)で可決された後に、付帯決議7項目の履行に対して、不十分であると主張する議員が多く、噛み合った議論ができないままでした。

その後、9月18日の庁舎及び福祉会館建設調査特別委員会の開催日の朝に、6会派12名の議員が、

●清掃関連施設の敷地内暫定移設を行わないこと

●新福祉会館の先行竣工とする

敷地東側の樹木を残す

新庁舎の免震構造の地価の駐車場利用

という4点について、これらを考慮した新たな施設配置検討案を作成せよ、という内容の申し入れを西岡市長に対し行いました。

9月25日の庁舎福祉会館建設特別委員会で、村山ひできは「議会からの提案で、施設配置案の比較検証をおこなうのだから、議会にも提案した責任を持たせてほしい。そのためには、市民からも見える形をとるべきであり、流用や予備費充当ではなく補正予算で議会も議決をするという責任を負わせてほしい」といった発言をしていました。

今回の補正予算は、建設事業を前に進めるために、議会の過半数を超える意思を尊重して行うことであり、議会が合意しながら前に進んでいくために必要な手段であると判断し、賛成しました。

はたして、この判断が今後どのように影響するか…?

とにかく、これ以上の建設スケジュールの延伸がないように動きたいと考えています。

市政レポート2018年9月28日号が完成しました

  • 印刷用画面
  • 2018年10月 2日(火) 16:21 JST

村山ひでき市政レポート(2018年9月28日号)が完成しました。

9月議会の採決結果、一般質問の内容をまとめたレポートとなっています。

こちらからご高覧ください。

第3回定例会も終盤…職員給与改正条例と補正予算が可決!

  • 印刷用画面
  • 2018年9月27日(木) 20:10 JST

今回の注目議案は職員給与改正条例と補正予算(第3回)。

9月25日の本会議において、人事院勧告に基づく職員の期末勤勉手当を他市と同様に0.2ケ月分引き上げる条例が賛成多数で可決され、2年振りに正常化しました。

これまで、小金井市議会は2年連続で本条例が否決されていたため、都内で唯一、他市と比べて0.2ケ月分の手当てが低い異常な状態が続いており、今年の小金井市役所職員の採用試験申し込みが昨年度に比較して129人も減るなどの深刻な影響が出ていました。

 

初日から副市長人事議案をめぐり紛糾した市議会第3回定例会。

 

副市長人事は、市議会初日に自民党・信頼(議長を除く4名)、公明党(4名)、共産党(4名)、情報公開こがねい(1名)の計13名が本会議を退席して、定足数を割り込んだために会議不成立、流会に。

 

翌日は上記の13名が否決し不同意となる結果となりました。

 

残る重要議案であった職員給与改正条例と関連予算を措置した補正予算(第3回)、また、はけの森美術館の観光促進事業、木造住宅耐震化助成事業の拡充、庁舎建設基金8億円の積み立て、総合学院テクノスカレッジ体育館を市民に開放するための予算などが盛り込まれた補正予算(第2回)は賛成多数により可決となり、これから小金井市議会は決算特別委員会の審査に入っていきます。

 

 

≪職員給与改正条例と補正予算(第3回)の本会議での採決結果≫ 

賛成=14

みらいのこがねい=村山ひでき・鈴木成夫・岸田正義

共産党=水上洋志・板倉真也・森戸洋子・たゆ久貴

こがおも=白井亨

市民カエル会=片山薫

緑つながる=坂井えつ子

市民会議=斎藤康夫

生活者ネット=田頭祐子

改革連合=篠原ひろし

こがあす=沖浦あつし

 

反対=5

自民党信頼=遠藤百合子・湯沢綾子・吹春やすたか・河野律子

情報公開=渡辺大三

 

退席=4

公明党=宮下誠・紀由紀子・小林正樹・渡辺ふき子

 

※全議員24名のうち議長は裁決に加わりません。