2020年7月11日(土) 07:54 JST

小金井市役所で献血活動を2週連続で開催

  • 印刷用画面
  • 2020年5月17日(日) 14:02 JST

5月15日、小金井市役所本庁舎駐車場で実施される献血(9:30~11:30/13:00~16:00)の宣伝活動を献血推進協議会の事務局長として行いました。

勤務交代制で半減出勤の市職員数を考慮して、5月8日に続き連続で開催となりました。

 

小金井市は、献血推進協議会からの要望に応えてホームページでコロナ禍の影響により献血が不足している深刻な状況を訴えていました。

 

おかげさまで8日は来場74名、採血66名と大盛況となり、あらためて感謝申し上げます。

 

15日も早朝から献血推進協議会の有志メンバーで声がけのみで協力を呼び掛けました(啓発ティッシュ配付は中止)。

 

もちろん、市職員でない方であっても16歳から最長69歳まで基本どなたでもOK!

 

「命を救うボランティア」に皆様ご協力ください!

 

市政レポート2020年5月7日号が完成しました

  • 印刷用画面
  • 2020年5月 9日(土) 09:16 JST

村山ひでき市政レポート(2020年5月7日号)が完成しました。

10万円給付金の申請手続き方法とスケジュールをまとめたレポートとなっています。

こちらからご高覧ください。

 

特別定額給付金(10万円)の申請手続き方法とスケジュールご案内

  • 印刷用画面
  • 2020年5月 9日(土) 09:08 JST

4月30日に会派代表者会議が3密に配慮しつつ開催されました。

新型コロナウイルスへの市の対応として、「10万円給付」、「PCR検査センターを近隣の自治体と合同で設置すべく調整中であること」、「市内事業者のために融資相談専用窓口の開設、資金繰り、地域ニーズを踏まえた飲食店への支援を行うこと」、「小中学校の臨時休校は5月31日まで延長」等の報告があり、議会からは多数の要望が述べられました。

また、小金井市は、5月1日付けで国の特別定額給付金(10万円給付)と子育て世代への臨時給付金(児童手当の1人1万円の増額)に係る補正予算(約125億円)を、特に緊急を要するため専決処分(議会の議決の前に市長が処理すること)をしました。

5月6日時点で10万円給付のオンライン申請が開始された自治体は多摩26市では小金井市を含む8市です。詳細は下記をご確認ください。


1、特別定額給付金(10万円給付)の申請方法は下記の2つです 

郵送申請方式:全世帯に申請書が郵送で届きますので、必要事項を記載し同封の返信封筒で返送します。

オンライン(インターネット)申請方式 :下記の囲み記事を参照してください

市役所の窓口では申請書の配布や受付を行っておりません。感染拡大防止のため来庁はお控えください。

 

 

 

2、申請から支給までのスケジュール予定(※変更の可能性あり) 

5月1日:小金井市コールセンター設置(電話042-383-1970:平日9:00~17:00) ※8回線

5月2日:マイナンバーカードを使ったオンライン申請スタート

 


 

マイナンバーカードを持っている世帯主が申請することができます。スマホからはアプリをインストールするかQRコードを読み取って申請します。パソコンからはICカードリーダーでの申請も可能です。

●申請窓口は、マイナポータルhttps://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form


《注意》マイナンバーカードを持っていない方は、今からマイナンバーカードを申請しても発行まで
1か月以上かかってしまいます。早く受け取りたい方は、11日から始まる申請書を記入し返送するのがオススメです!

 

 


 

 

5月11日:小金井市ホームページからの申請書ダウンロード受付開始

5月25日:申請書の郵便発送開始。郵送分の申請受付スタート(受付期間は3か月。8月25日まで)

5月29日:支給開始

 

 

 

3、配偶者等からの暴力(DV)を理由に避難されている方について 

DVを理由に避難している方への支援があります。ご相談は小金井市男女共同参画室042-387-9853まで