2018年10月18日(木) 17:22 JST

2018青少年のための科学の祭典

  • 2018年9月27日(木) 16:41 JST

9月23日、東京学芸大学にて「青少年のための科学の祭典」東京大会in小金井が今年も開催されました。

村山ひできは、子ども達を薬害から守る実行委員会の事務局として屋外ブースの「怖いぞ薬物!ダメ。

ゼッタイ!」を出展。

他にも献血推進協議会、ロータリークラブとしてもブース出展しており、充実した一日となりました。

 

今年で13回目の開催となる「科学の祭典」。

 

村山は初回からブース出展をしているのですが、科学についての実験や制作や発表を行うブースが99もあって、じっくり見学すれば半日以上はかかるでしょう。

 

各ブースが工夫を凝らしていて、子どもが対象といいながらも、大人もシッカリ楽しめるものばかりで、自分の出展ブースの休憩中に見学させていただきました。

 

特に驚いたのが、市内小学生、中学生の自由研究のレベルの高さ!そもそも研究テーマが斬新で、よくこんなの思いついたなぁ…と感心するばかり。

 

夏休みの最終日に慌てて宿題を片付けていた村山とは大違いで、小金井の将来は明るい!と実感しました。